一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。

 

 
  
 
 


Top


主に疲れやストレスで引き起こるヘルペスの症状

ヘルペスとはヘルペスウィルスに感染した状態のことをいいます。

ヘルペスのウイルスには1型と2型があります。

1型は顔や口唇などの上半身にできる傾向があります。
2型は下半身に発祥し、性器ヘルペスなどのことをいいます。

単純ヘルペスはごくありふれた皮膚病であり、
この単純ヘルペスに感染することがヘルペスの原因となります。

ただ、ヘルペスが発症する原因はさまざまで、
風邪やストレスなどで免疫力が落ちているときや、
紫外線などの刺激によっても発症します。

ペルヘスは一度発症してしまうと、
ウイルスが神経節の中に潜みこみ、
抵抗力が落ちると、
生き延びていたウイルスが神経節から増殖し、再発を繰り返します。

口唇ヘルペスなどは多くの人が一度はかかったことがあるでしょう。
「熱の華」ともよばれ、唇の周辺に水ぶくれができます。

口唇ヘルペスに関しては、
ウイルスに感染している日本人は20~30代で約半数、
60代以上ではほとんどの人が感染している
というデータもあるほど身近な皮膚病です。

私も口唇ヘルペスには何度も泣かされました。

忙しい日々が続き、十分な休息が取れないときに発症します。

ヘルペスにかかると、まず唇が、ヒリヒリや、チクチクしてきます。
鏡で見てみると唇が少し赤くなっているのがわかります。

そして数時間後には水ぶくれができているといった状態になります。

ヘルペスが発症する場所は、
唇の中でも毎回決まっていて同じ場所に何度も再発します。

私の場合は年に2回ほど、
体力が低下しているときなどにそのような症状が現れます。

ヘルペスは再発しやすいので、体調管理はしっかりしたいものです。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。