一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。

 

 
  
 
 


Top


ヘルペスはどのようにしてうつるか

ヘルペスは現在8種類ありますが、
「ヘルペス」と呼ばれているのは単純ヘルペスウイルスだけです。

ヘルペスウイルスは非常に感染力の強いウイルスです。
単純ヘルペス1型と単純ヘルペス2型の2種類があります。

1型は主に口の周りにできる口唇ヘルペスや、
目の角膜にできる単純ヘルペス角膜炎などの原因になります。

また、2型は陰部ヘルペスの原因になります。

初感染では、皮膚の小さな外傷部ないし
口腔、眼、生殖器粘膜から侵入し、
知覚神経軸索を逆行して三叉神経節や腰仙髄神経節へ到達します。

小児が多く感染する水ぼうそうもまたヘルペスウイルスの一種、
水疱帯状疱疹ウイルスによるもので、感染性が強いのが特徴です。

ヘルペスは直接患部に触れることで感染します。

潰瘍ができている患部にはウイルスがたくさん存在し、
裂けた潰瘍を触った手でほかのものを触ると、
ものを介してもヘルペスに感染する可能性があります。

ペルペスは感染したり、感染させられたりする病気です。

免疫力が低下することで、ウイルスが何度も再活性化します。

ヘルペスに感染しているときは、タオルを共有したり、
コップの回し飲みなどは避けたほうがいいでしょう。

ペルペスウイルスの感染に対するワクチンは
まだ開発されていないので、ワクチンによる予防はできません。

患部に触れてしまった場合は、すぐに手を洗うなどの対処が必要です。

また、幼少期に一度感染するとウイルスに対する抗体ができているため、
大人になったときに再発しても軽症で済む可能性がたかいですが、
大人になって初めて感染すると、重症化するケースが多くなります。

感染してると気がついたら、感染を拡大させないように注意しましょう。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。