一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。

 

 
  
 
 


Top


口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型が、
唇や口の周りに感染し発症します。

小さな水ぶくれ(水泡)ができるのが特徴です。

日本人では10人に1人が口唇ヘルペスにかかったことがあると推計されています。

症状がでていなくても感染しているというケースは多く、
20代~30代で感染している人は約半数、
年齢が高くなるにつれその感染率も高まり、
60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータさえあります。

口唇ヘルペスは4つの段階をえて、約2週間ぐらいで治ります。

前駆期の症状として、
ピリピリ、チクチクなどの違和感を感じ始めます。

私は何度もヘルペスを再発させているので、
唇がピリピリ、ムズムズしてきたら、
ヘルペスにかかったなと自分で認識できるようなっています。

初めに現れてくる症状は患部が赤くなることです。

ピリピリと感じて半日後には赤くなります。
この時期はウイルスが活発に活動しています。

この早い時点で、治療を開始するのが望ましいとされています。

私はいつもヘルペスの薬を常備しており、
この段階で、治療薬を患部に塗るようにします。

2~3日後に現れてくる症状に水ぶくれがあります。

この中にたくさんのウイルスがつまっています。

初期感染ほど、水ぶくれが大きく、
再発を繰り返すうちに、小さくなってきます。

水ぶくれが破れたものには触ると、感染します。

私は上唇の真ん中辺りにいつもペルペス水ぶくれが数個できます。

とりあえず、患部に薬を塗るとき以外は、患部に触らないようにします。
刺激を与えることで、症状が悪化するのを防ぎます。

最後に回復の兆候としてかさぶたができてきます。

ここまでくると、自分が回復に向かっているのだとわかります。

ただ、ここで無理にかさぶたをはがそうとしないでください。
ヘルペスの再発を防ぐためには、毎日の健康管理が大切です。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。