一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。

 

 
  
 
 


Top


ヘルペスの薬

ヘルペスになるのはヘルペスウイルスに感染してるからです。

そのためヘルペスには「抗ウイルス薬」が使用されます。

抗ウイルス薬はウイルスが増えるのを抑えてくれるお薬です。

抗ウイルス薬にはバラシクロビル・アシクロビル・ビダラビン等があり、
症状にあわせて飲み薬や塗り薬として使用されます。

そのほか状況に応じて、痛め止めやビタミン、抗生物質が処方されます。

ウイルスは、細菌とは別の微生物で、
細菌より小さく、他の生物の細胞内で増殖します。

このうち、ヘルペスウイルスの仲間は、
皮膚や粘膜に水ぶくれを作るのが特徴的です。

アシクロビルは、そのような悪さをする
ヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬です。

グラクソ・スミスクライン のアクチビア軟膏 2gや
大正製薬のヘルペシアクリーム 2gには、
抗ウイルス成分アシクロビル含有する口唇ヘルペスの再発治療薬です。

ピリピリ・チクチクなどの再発のきざしがあらわれたら、
早めに治療を開始すると効果的です。

塩酸バラシクロビル製剤は、アシクロビル製剤の吸収を改善した薬で、
1日3回と少ない服用回数で同等の効果が得られます。

ビダラビン製剤は、軟膏剤で、帯状疱疹、単純疱疹の治療に用いられます。

注射剤に比べて全身的な副作用が少ない薬です。

佐藤製薬のアラセナS 2gは抗ヘルペスウイルス成分ビダラビンを含有する
口唇ヘルペスの再発治療薬です。

私はヘルペスの薬にアブレバを使います。

ウイルス対策では世界一のアメリカで、
唯一米国FDAがヘルペス用市販薬で認められているのがアブレバです。

使用者からの90%以上の高評価があります。
アブレバは、ヘルペスが発症してから
良くする薬(口唇ヘルペス用です)といえるでしょう。

私の場合ヘルペスにかかると完治までは2週間以上必要としますが、
アブレバを使うと約1週間で治ります。
オススメの薬です。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。