一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。

 

 
  
 
 


Top


目に関するヘルペス

単純ヘルペスウイルスといえば
顔や口周りに水ぶくれをつくるウイルスとして知られています。
この単純ヘルペスウイルスは実は目にも感染するのです。

また、ヘルペスウイルスの一種である帯状ヘルペスも目に感染します。

これらのウイルスが目の角膜に感染することで、角膜ヘルペスをおこします。

多くの人が子供のころにヘルペスウイルスに感染しますが、
症状が出ない場合が多いです。

まれに、軽度の角結膜炎をおこしますが、自然治癒する場合が多いです。

症状は結膜炎にているために、精密な検査をしない限り、
ヘルペスウイルスによるものという判断はなかなかされません。

角膜ヘルペスを発症する場合は、
初感染よりも、すでにヘルペスウイルスに感染している場合が多いです。

ウイルスは目の後ろにある三叉神経節に潜伏感染します。

通常は冬眠状態にあるのですが、何らかの理由で抵抗力が低下すると、
ウイルスが目覚め、角膜に出てきます。

つまり何年も前に感染したウイルスが再び角膜に現れ、
ヘルペス角膜炎になるわけです。

再発の場合は重症になるケースもあり、
最悪の場合は失明する可能性もあります。

ヘルペス角膜炎には2種類の型があります。

ひとつは、ウイルスが角膜の表面の上皮で増える上皮型です。

もうひとつは角膜の実質でウイルスに対する体の免疫反応が生じて、
角膜の混濁を生じる実質型です。

上皮型は充血や目のごろつき、
軽い痛みなどの軽症ですむ場合がほとんどです。

しかし角膜の奥深くにまで感染が広がると、
重症になるケースがあります。

角膜が白く濁ったり、目の中に炎症が生じたりします。

ペルペス角膜炎も再発を繰り返す疾患です。
何度も再発していると、眼球に潰瘍ができ、失明する場合もあります。

目に異常を感じたら、一刻早く眼科を受診するのがいいでしょう。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。