一生ものの、ヘルペスに向き合っていこう。


 

 
  
 
 


Top


帯状疱疹

帯状疱疹はヘルペスウイルスの1つ、
水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。

帯状疱疹が発症すると、体の左右どちらか片方に、
帯のように水ぶくれができ、強い痛みを伴います。

発症は幅広い年代でみられますが、特に高齢の方で多く、
患者さんの約70%は50歳以上の方です。

初感染は1~5歳ごろに水ぼうそうという形で発症します。

このウイルスが経て大人になってから帯状疱疹として再発します。
通常免疫とよばれるものが
ウイルスや細菌などの侵入物を排除する役割をしています。

水ぼうそうのウイルスは、
水ぼうそうが治っても体内の神経節というところに潜んでいます。

しかし免疫が水ぼうそうウイルスを監視をしているため、
ウイルスは増えずに、症状もでません。

そして、年を重ねるごとに免疫の機能は弱くなってきます。

体調の不調が続き、免疫の力が低下すると活動を始め、
神経と皮膚を攻撃して帯状疱疹を起こします。

症状としては、1週間ほど体の右または左の片側の神経に沿って
刺すような強い痛みやヒリヒリした感じが続きます。

やがて、そのような違和感を感じた場所に、
虫に刺されたような赤い発疹ができます。

発疹が現れてから1週間後には、発疹の上に、
中央にくぼみのある水ぶくれが多数できます。

発疹の範囲が広がっていき、水ぶくれが黄色い膿を持ち、
1週間前後でやぶれてただれいきます。

その後は、2週間くらいで水ぶくれの箇所がかさぶたとなり、
3週間位かけて治癒していきます。

帯状疱疹の特徴としては、一生のうちに1回発症する可能性があり、
まれに2回発症する場合もあります。

年齢が上がるほど発症率は高くなり、
日本人の1、2割に発症するとされています。

私も子供のころに水ぼうそうになったので、
私の体内にもこの帯状疱疹の原因となるウイルスが
潜んでいるといえるでしょう。

免疫力の低下が帯状疱疹を発症するきっかけとなるので、
免疫力を高めるような生活を心がけたいですね。


© 2016 一生もののヘルペスに向き合っていこう。